ましこのひとと地域とつながる旅

【全2回】(1)9月28日(土)・(2)11月9日(土)~10日(日)

ローカルを学び、ローカルに関わる


ローカルを学び、ローカルに関わる。

 

訪ねるだけではなく、新しく生まれている地域のプロジェクトに参加して、たくさんの「ひと」「もの」「こと」につながる、

次の一歩を踏み出す”縁”と”キッカケ”をつくるプログラムです。

プログラム紹介


「自分の風景を益子でつくる」

陶芸の里として知られる栃木県益子町は、先人たちより手仕事の文化と美しい里山が脈々と受け継がれている地域です。陶芸を志す人だけでなく、様々な背景をもった作り手たちが集まっており、土地の風土と向き合いながら、地に足がついた暮らしと生業を両立させています。

 

しかし近年は里山や田畑を守ってきた人たちが高齢化し、田んぼのあぜ道や遊歩道、里山など人の手が入らない場所も増えてきました。Uターンした若者が、その現状に危機感を感じ「次の世代に里山の楽しさを伝える場所を残したい」、「この風景を引き継ぎ、子どもも大人も楽しめるワクワクする場所にしていきたい」と、地域の仲間やN P Oと連携し、「道祖土里山秘密基地計画」を立ち上げました。

 

益子焼の窯元や販売店が並ぶ町中心部のすぐそばに位置し、小川が流れ、風のとおり道となっているエリアが今回の旅の舞台。

 

シンガーソングライターと、この町が育んできた風土と暮らす人々との出会いから生まれた「ましこのうた」を道標に、「道祖土里山秘密基地計画」に関わり、一緒に”これからの里山”をつくっていく地域参加型プログラムになります。

 


概要


  実施日  

(1)2019年9月28日(土)10:00(集合)~17:30(解散) ※日帰り

(2)2019年11月9日(土)10:00(集合)~11月10日(日)17:30(解散) ※1泊2日

※全2回の連続コースになります。

 

  募集人数   

10名

 

 対 象 

・益子町外在住者で40代以下の方(栃木県内在住者もOK)

・地方での暮らしや地方との関わりに興味/関心のある方

・原則としてすべてのプログラムに参加できる方

 (★2回目からの参加も応相談) 

 

 プログラム参加費  

無料(別途、集合場所までの交通費、飲食代・宿泊費など各自実費負担)

 

【宿泊費および飲食代等の参考】

・第1回(日帰り) 昼食代¥1,000程度

・第2回(1泊2日)飲食代と宿泊費あわせて\10,000程度

 

【交通費参考】

・JR東京駅〜真岡鐵道益子駅(片道 2,420円、所要時間 約2時間30分)

・JR東京駅~JR宇都宮駅~(バス)益子駅(片道 5,560円、所要時間 約2時間 ※新幹線利用)

 

 実施場所  

栃木県益子町

 

 内 容  

1)「風景遠足」風景の中に豊かに残された歴史、自然、人の暮らしに歩いて出会う

2)「ましこのうた」シンガーソングライターの視点からましこの風景を感じる

3)「ましこの暮らし」里山に関わる暮らしとしごとを歩いてめぐる

4)「風景ワーク」美しい田園と里山を楽しみながら、風景をつくる

関わるプロジェクト


道祖土里山秘密基地計画さやどさとやまひみつきちけいかく)

 

みんなで企む・創る・楽しむ。それが里山秘密基地。里山の自然環境を次世代に向けて、「遊びながら、学びながら、バトンタッチ」を目指すプロジェクトです。

 

風土と表現を編む「ましこのうた」の活動

 

都内在住で益子ファンのシンガー・ソングライター・石塚明由子さんが作った歌を起点に、編集者の簑田理香さんがプロデュース。さまざまなクリエイターが参加してメディアづくりや企画展、イベントなどを展開中

http://mashikonouta.com/


第1回目タイムスケジュール


  9/28(土) 

10:00

 ■ 真岡鐡道「益子駅」東口 集合

 ■ オリエンテーション

10:45

 ■ 活動フィールドの視察

11:15

 ■ 風景遠足~里山の水辺を訪ねる

13:00

 ■ 昼食

14:00

 ■ トークセッション(1)「風景遠足ふりかえり&活動フィールドセッション(仮)」

15:00

 ■ トークセッション(2)「ましこのうたから見る風景(仮)」

16:00

 ■ 次回に向けてワークショップ

17:30

 ■ 解散


第2回目タイムスケジュール


  11/9(土) 

10:00

 ■ 真岡鐡道「益子駅」東口 集合

 ■ オリエンテーション

10:45

 ■ 「ましこの暮らし」(1)

13:00

 ■ 昼食

14:00

 ■ 風景ワーク(1)

18:30

 ■ 地域の方たちと一緒に懇親会

 21:30

 ■ 終了・宿泊先へ移動

  11/10(日) 

8:00

 ■ 朝食

9:30

 ■ 風景ワーク(2)

12:00

 ■ 昼食

13:00

 ■ 風景ワーク(3)

15:30

 ■ 道の駅ましこ・見学

16:30

 ■ 振り返りワークショップ

 17:30

 ■ 解散


※内容やスケジュール等は変更の可能性がありますので、ご了承ください。

こんなひと求めています


◎今の生活を変えてみたい

◎地方の友だちをつくりたい

◎自分のスキルを地方で活かせるか試してみたい

◎地方でワクワクする場所を一緒につくりたい

◎里山の自然を体感してみたい

◎益子で暮らす楽しみを知りたい

◎自分の秘密基地をつくってみたい

◎東京で暮らしながら、地方にも関わりたい

◎同世代の益子での暮らしを知りたい

地域ナビゲーター紹介

あなたとローカルをつなげる案内人


石塚 明由子 さん

シンガーソングライター

 

都内在住。2018年秋、かねてから通っていた益子町を題材とした「ましこのうた」に楽曲で参加。アーティスト活動の他、「歌詞をつくるワークショップ」を各地で主宰、独自の視点で心と音楽のつながりを伝える活動を行う。

 

大塚 康宏 さん

WEBデザイナー

 

益子町出身。都内でゲーム制作やWEB制作の経験を経てUターン。益子町地域おこし協力隊後、現在はデザイン事業・WEBサイト制作・運営事業を行う他、ボードゲームイベント等を開催。「道祖土里山秘密基地計画」発起人。

 

鈴木 恵深 さん

陶芸家・移住コンシェルジュ

 

2012年に東京からIターン。2018年に独立。益子焼作家「tsuchi no megumi」として活動し、ワークショップなどを開催。道の駅ましこツーリズム部門スタッフとして勤務し、イベントツアーなどを担当。

 


簑田 理香 さん

編集者・プランニングディレクター

 

益子町在住。益子の人と暮らしを伝える『ミチカケ』(2013-2018)編集人。石塚さんとの出会いから「ましこのうた」の企画・制作を手掛ける。「そもそも」の足元と「その先」の未来を大切に、様々な場作りやプロジェクトを展開中。

 

廣瀬 俊介 さん

環境デザイナー

 

風景を通して土地の風土を読む環境デザイナーとして、飛騨古川や東北地方など様々な土地と関わる。土祭2015の「益子の風土・風景を読み解くプロジェクト」に参画。この秋益子町へ移住。著書に『風景資本論』他。

 

 


益子町ってどんなところ?


窯業と農業の町。カフェやパン、蕎麦屋などこだわりのお店も多く食の町でもある。陶芸を志すひとを中心に、様々な素材を用いたクラフトの作り手も移住し、地に足がついた暮らしと生業を両立させています。


お申込み


申込フォームにご記入いただくか、下記メールアドレスに同様の内容にてご送信下さい。

hello@hajimari-local.jp

 

参加対象/条件:

・地方での暮らしや地方との関わりに興味/関心のある方

・原則としてすべてのプログラムに参加できる方(★2回目からの参加も応相談) 

・栃木県益子町外在住者

メモ: * は入力必須項目です


 

 

個人情報の取扱について:

入力頂いた個人情報は、「はじまりのローカル コンパス」の運営等の目的以外には使用致しません。また、法令に基づく場合等正当な理由によらない限り、事前に本人の同意を得ることなく、業務委託先以外の個人情報を第三者に開示・提供することはありません。