コンパスツアー3年目のフィナーレ!暮らしとしごとをめぐる旅

 

「コンパスツアー」が始まってから3年目のフィナーレを飾るのは、

暮らしとしごとをめぐる旅#04-ローカルに根付いたお店やしごと(日光/鹿沼編)です。

 今回も、地域と関わる暮らしのはじめ方やヒントを探しに、各地のローカルスポットを訪ねました!

 

朝の東武日光駅。

8名の参加者のみなさんとともに、今回の「チームコンパス」が集合しました。

花粉が舞う季節とあって、マスク率高め。笑

 

まずはここでスケジュールを確認しつつ、栃木での新たな出会いが生まれるツアーの幕開けです。

さてさて、今回はどんなツアーになるのでしょう…??

スポット①日光ゲストハウス 巣み家

最初に向かったのは、日光駅からほど近い駅前エリアに居を構えるゲストハウス「巣み家」です。

オーナーの佐藤雄大さん・久美子さん夫妻は、宇都宮市出身。

シンガポールでの海外生活を経て、地元である栃木にUターンしました。

 

シンガポールを軸に周辺諸国へ旅行に行った経験と、帰国後ふと訪れた日光の観光客を見て「外国の人や旅行者の役に立つ仕事がしたい」と、

その頃まだ日本では少なかったゲストハウスの開業を決意したそう。

そこで、半年かけて自分たちでリノベーションを行い、2010年5月にここをオープンしました。

 

旅行者も地元の人も集まる地域の居場所を目指している「巣み家」は、外国人と日本人の方々との交流はもちろんのこと、

地域行事に参加できる機会を用意するなど、「普段の日光の暮らし」に触れられるゲストハウスです。

こたつをみんなでぐるりと囲み、佐藤さんご夫妻のお話を聞くチームコンパス。

こんな風に、初めて訪れた場所、初対面の人同士でも不思議と打ち解けあえる空気感は、佐藤さんご夫妻の気さくな人柄があってこそです。

 

お2人のお話を伺った後は、恒例(?)の 

\はい、コンパス♪/

【日光ゲストハウス 巣み家】

住所:〒321-1413 栃木県日光市相生町5-12

http://nikko-guesthouse.com/

日光市街をお散歩

次のスポットへは、日光市街を歩いて移動。

日光市出身のコンパススタッフによる、地元民ならではの案内がはじまります。

駅前の広場から二社一寺の方向へ伸びる道沿いには、新旧さまざまなお店が。

チームコンパスのメンバーもキョロキョロ辺りを見回します。

古くから観光客を迎えてきた日光駅前の通りには、こんなレトロな看板もちらほら。

ジョン・レノンも宿泊したという日本初のリゾートホテル、「日光金谷ホテル」もちょっぴり見学させてもらいました。

金谷ホテルを後にして進んでいくと、重要文化財にも指定されている「神橋(しんきょう)」が。

この日は曇り空でしたが、それでも、真っ赤な漆で塗られた橋の存在感は絶大です!

 

そうこうしているうちに到着したのは、こちらの「日光珈琲 御用邸通(にっこうコーヒー ごようていどおり」。

ここは、日光田母沢御用邸記念公園からすぐの古民家を活用したカフェ。

歴史を感じる建物と現代のセンスが融合したおしゃれな雰囲気のお店には、多くの若者が足を運びます。

美味しいコーヒーだけでなく、こんなに本格的なオムライスもいただけちゃうんです♪

腹ごしらえも済んだところで、一行は次なるスポットへ。

 

【日光珈琲 御用邸通】

住所:〒321-1434  栃木県日光市本町3-13

TEL:0288-53-2335

http://nikko-coffee.com/cafe

スポット②TEN TO MARU(雑貨店)

日光の主要観光地である日光東照宮や二荒山神社からほど近い場所にある「TEN to MARU」。

オーナーの渡辺直美さんは鹿児島県出身で、結婚を機に2006年から栃木県に移住しました。

 

2015年に栃木県主催の次世代人材育成づくり事業(女性リーダー育成部門)に参加したりと活動的な日々を過ごす中、御朱印帳や作家さんのオリジナル商品を中心に扱うセレクト雑貨店として、「TEN to MARU」をオープン。

お店を経営するだけでなく、全世界で展開されているプレゼンテーションイベント「PechaKucha Night(ペチャクチャナイト)」の日光版「PechaKuchaNight NIKKO」を2017年に立ち上げ、シティオーガナイザーとしても活動しています。

さらに、3児の母として子育てもしているという渡辺さん。

お話を聞きながら、そんな渡辺さんの行動力と実行力に刺激を受けたチームコンパスでした。

 

【TEN to MARU】

住所: 〒321-1432 栃木県日光市安川町4−23

TEL:080-1224-8630

https://www.facebook.com/tenmaru.nikko/

スポット③吉見屋(ギャラリー/雑貨屋/工房)

お次は、「TEN to MARU」からほど近い場所にある「吉見屋」さんへ。

 

福岡県出身の香川大介さんと、奥さんの泰子さんが営むこの場所は、築100年の古民家をセルフリノベーション。

工房・ギャラリー・店舗を兼ねた住居として2017年にオープンしました。

リノベーションの過程を記録した写真も見せて頂きました。

まだまだリノベーション工事は継続中とのことですが、昔の建具を活かした内装が居心地の良さを感じさせてくれます。

室内には、あちこちに香川さんご夫妻の作品が。

現在は、木工作業や絵画制作、文筆などの創作活動が中心の生活をお二人で送っているそうです。

 

ここで、香川ご夫妻と同時に、「TEN to MARU」の渡辺さんも加わった3名のお話を伺いました。

移住者として日光の土地に暮らしているお三方だからこそのトークに、参加者のみなさんは興味深く耳を傾けている様子でした。

 

ではではここでも恒例の!

\はい、コンパス♪/

【吉見屋】

住所:〒321-1432 栃木県日光市 安川町5-19

TEL:0288−87−4032

http://nikko-yoshimiya.com/

 

日が暮れ始めたころ、チームコンパスが向かったのは、鹿沼市の「CICACU(シカク)」さん。

スポット④CICACU @鹿沼市

「CICACU」は、日光市と隣接する鹿沼市にあるゲストハウス。

閉館してしまった江戸時代創業の旅館を改装し、地元の人々と外からやってきた人が集まる鹿沼エリアのハブとなっている場所です。

 

ここでは鹿沼に移住した3人のゲストに、「鹿沼移住者のリアル」についてお話を聞きました!

 

トークゲストの皆さんはこちら。

(左から)

中尾 貞人さん

フェアトレードショップ コブル 店主)

愛知県出身、移住3年目。14年勤めた会社を辞め、世界を一周して様々な問題を学んだのち鹿沼市へ。「人を通して持続可能な地域社会を育む」ため、フェアトレードショップ、ひきこもり支援など多岐にわたり活動中。

 

小出 拓也さん

(工務店勤務 住宅・店舗の現場監督)

東京都出身、移住1年目。 建築や庭のことを学ぶため、素材と職人の町・鹿沼へ移住。 庭・畑・倉庫付きの空き家を借り、家族のように面倒を見 てくれる、町の温かな人々に 支えられながら日々を暮らしている。

 

辻井 まゆ子さん

(ゲストハウスCICACU 女将)

京都府出身、移住5年目。日光への旅の途中、鹿沼に立ち寄り、街の人たちの魅力にひかれ移住。ゲストハウスを開くため、鹿沼で日光珈琲を営む風間さんの元で働きながら物件を探し、2016年3月にCICACUをオープン。

鹿沼のいいところから、「ここだけ!」な苦労話まで赤裸々に語ってもらい、参加者のみなさんからも次々に質問が投げかけられていました。

 

トークが終了したあとは、「CICACU」で用意してもらった山盛りの餃子で、今回のツアーの打ち上げパーティがスタート!

長いテーブルにさまざま料理が並び、「なんだかお盆や正月に実家に帰ったときみたいな気分!」との声があがっていました。

そんなアットホームな雰囲気の中、今回のコンパスツアーは一旦ここで終了です。

 

さてさて、締めに一発やっときますか!

\はい、コンパス♪/

【CICACU】

住所:〒322-0067 栃木県鹿沼市天神町1704

TEL:080−1411−4095

http://www.cicacu.jp/

番外編:地域行事「チャリ鍋」に参加

ツアー翌日は、希望者のみが参加できるオプションプログラムとして、「1日スタッフ体験」に挑戦しました。

 

翌朝、メンバーで向かった先は、鹿沼市のはずれにある「岩戸神社」。

年に一度の例祭の日に合わせ、地域行事「チャリ鍋」で日光珈琲のスタッフも毎年豚汁の炊き出しをお手伝いしているんです。

みんなで神様にお参りしたあとは、

暖かくて具だくさんの豚汁を振る舞います♪

前日のツアーとはまた一味違い、地域の人たちに溶け込んでお手伝いをする貴重な経験ができたメンバーなのでした。

コンパスの活動、今後もお楽しみに!

コンパスのプロジェクトは、今年度もみなさんに10%のローカルを感じてもらうために、スタッフメンバーが絶賛企画中!

イベント告知なども随時行っていきますので、FacebookTwitterなどでぜひチェックしてみてください。

みなさんの参加をお待ちしていますね!